読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロレラが訳ありに負けない激安価格 2017年度

ふやけたクロレラが水槽に(泣)。目的は達せられてます。クロレラはどう違うんだろう?とこちらも。

イマが買い時!

2017年02月10日 ランキング上位商品↑

クロレラ観賞魚クロレラ 20g 関東当日便

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

値段が手頃なのでお試しです。次々に寄って来るのですが!みんな同じ反応。カージナルはスピルリナの方が好きみたいです。ラムズも素通り・・・。健康維持に期待しています。■C.G.F.とはC.G.F.は動物体成長促進因子と呼ばれ、クロレラにしか存在しません。かなり膨らむので、少なく飼っている所では割って入れた方がいいかも…と思いました☆結構崩れるので、目の細かい石底にかなり入ってしまったのだけど、大丈夫なのでしょうか…水草メインの水槽でプラが発生しているため、植物性の餌をしばらくやってみようと思って購入しました。コリドラスとエビはまだ好みでなようですがメダカの口に合ったようで毎日1錠がふやけだすとすぐになくなります。又!水に入れると崩れやすくなるので!底砂が田砂やボトムサンドの場合!食べ残しの片付けが少し大変かも知れません。このクロレラの生命力に深く関与しているのがC.G.F.です。写真はクロレラを置いた場所に集まってきたオトシンの様子です。コリドラス水槽が2本あるので!コリ用に購入。これから食べてくれるといいのですが。他の方のレビューにもありましたが!水に入れてしばらくするとすっかり溶けてモヤモヤになり!尻尾で叩くと拡散します。確かに色揚げは良くなるとは思いますが!あまり与えすぎると水が色が付くような感じです。恐らく上部フィルターに大方引っかかってしまったでしょう(笑)小粒ですが、水によって膨らむのか見た目以上にあったように思います春先、稚魚が生まれたらその子たちに与えてみたいです。飼育水に溶かしてから液状にして水槽へ投入するのですが、いつのまにかみんなお腹が緑色になっているので、よろこんで食べているようです。水に広がりやすいです上部フィルターで水流がある程度あるからでしょうか…金魚たちは時々つついていましたが、それ以上に散らばる量が多いです散らばってしまうと中型の金魚には見えにくいのか、無視な状態でした。ミナミヌマエビとピンクラムズホーンに食べさせようと購入。主に吸い付きドジョウとエビ用に入れてますが食いつきはあんまり変わらない感じ。気のせいか水が緑色になったような。食いつきが異なる要因について、環境なのか魚種なのかはよくわかりません。表面がツルツルしているため!コリタブのように簡単に折れません。あまりの苔とり能力で餌不足になるのではと はじめはフネアマ貝用に買いました。匂いも色も全然違う感じですが一番の違いは水に入れたときクロレラはあっという間にふやけて全体的にモロモロしてきますがスピルリナは表面から少しずつふやけて行く感じ。最初の購入動機は!商品説明にあるように!オトシン(ネグロ!クルス)の人口飼料による餌付けでしたが!投入すると直ぐ!カラシン系は突っつきに!エビさんは抱え込みに(エビさんには重いので移動・独占は無理ですが)と!興味深々でした。苔が大変で貝とエビを買ってみました。しばらく元気がなかったようだったのが活発に動きだしたので少しは効果があったのかもと思います。1粒のサイズは5mm程度×厚さ3mm程度(目算での曖昧な記憶なので間違っていたらすみません…)ですが、水に入れると膨張して1cm弱の軟らかなキューブ状になります。お茶のような良い匂いがします。(笑)いずれにしても、「全魚種 羨望の的」のようなので、使い続けようと思っています。効能のほどは定かではありませんが!栄養のバランスといった面で!こういった植物性のエサも定期的に与えていこうと思っています。メダカ達もこんなに好きだったとはというくらい目がなく立て泳ぎで必死に食べています。まだ数日なのではっきりしませんが、しばらくすると無くなって、フンが緑になるので食べているのは確かだと思うのですが、うまく消化できているのかは不明。以前売り切れていてスピルリナを購入しました。食いつく個体と食いつかない個体があるので!好みの問題なのだろうと思いますが!我が家では過半数が好んで食べているようだったので!時々与えようと思います。緑の糞を付けて泳いでいる姿は滑稽で可愛らしいです。参考までに、食い付き状況の調査結果を列挙します。9種類の必須アミノ酸をはじめ!クロレラ独自成分であるC.G.F.クロレラ・グロス・ファクター)や各種ビタミン!ミネラルなどをバランスよく含んでいます。リピートです。エビの赤ちゃんとイサザアミの餌として購入しました。集まってツマツマしてくれるかな・・と思って見ていたら、なぜかひとつつきした後「ひえっ」って感じで後ずさり。難点としては!人の錠剤並みのサイズなので!分量を加減するためいちいちはさみで切らなくてはならずやや面倒に感じます。(追記:ニッパーに挟んで軽く力を入れるとポキっとほぼ半分に割れることが判明しました。ネットにも苔不足で痩せてしまうとありクロレラスピルリナ、プレコのえさがよさそうとあったので試しに買ってみました。砂にまぎれてしまって、取り除くのが難しいです。肝心のオトシンが食べているかどうか不明ですが、オトシンだけでは無いような?『犯人は誰だ』ってな感じでしょうか。食つきですが!飼っている熱帯魚(エンドウ君!コリさん!メダカ!ドジョウ)に与え始めましたが!全魚種ともクロレラの粒をつんつんしていて!次給餌時には無くなっているので!多分食べてくれていると思います。水槽に入れるとすぐぶわっとふやけます。もったいない。かなり大きくなるので!食いつきのいい魚を複数飼育している水槽でないと食べきれないかも知れません。レビューを読んで評判よさそうなので買ったのですが、うちのエビたちには良さが分からないのかな。健康にも良さそうですので。そして元気です!水槽に入れてしばらくして見てみたら、3倍ぐらいに膨らんでいてびっくり!エビたちは喜んでツマツマ、メダカたちは「何これ?」「食べれるん?」みたいに恐る恐る近づいてはつついていました。夜、1粒投入すると翌日には無くなっています。プレコ専用に与えたく購入してみましたが、他の熱帯魚やコリ達にも好評でよく食べてくれます。屋内の水槽飼いなので!青水とはいかず代わりにと思って購入しました。メダカ、ラムズホーンがよく食べているのでリピしました。本当は折りたいのですが仕方なく1粒ずつ投入しています。またクロレラは直射日光や高湿度!高温の保存には注意です。)クロレラの効果(下記記載)に改めて着目し、リピ購入です。観賞魚用だしすぐ溶けるし、なのでせめてこの三分の一サイズになると便利なのですが。熱帯魚水槽用にリピ購入しました。★マイナス1の要素は、折りにくさ。かなりそこらじゅうに舞います(★-1)が!こんなものでしょう。人間や他の動物・植物は普通!細胞を2分裂しながら成長していきますが!クロレラは20-24時間で4分割します。押っ取り刀のコリさんはお家でお休み。はじめは貝2匹では少なかったかと思っていたのですが、苔とり能力がすばらしくあっという間に綺麗になってしまいました。ちなみにカケラをらんちうに与えた時には、すぐに口に入れたのですが、しばらくモグモグもぐもぐしているなあ〜と思ってみていたら、塊で吐き出しました。一度食べたら気に入ってくれたようです。貝は時々砂にもぐって側面と底の苔も食べているので、ガラス面と砂に挟むようにしてうめてやってどうにか食べてもらえるようにしています。食べ残しを回収したい場合は!崩れてしまう前にピペットで一気に吸い上げれば!砂を然程吸い上げずにこれだけ回収できます。(わかりにくいですが。貝達は食べているか(食せるのか)謎ですが!メダカやどじょうは確実によく食べてます。溶けるまでは食べにくい模様です。−−−−−■クロレラとはクロレラとは淡水性の単細胞緑藻類の総称だそうですが!平たく言えばアオコとも言えます。これは他の生き物と比べると!驚異的なスピードです。ペンチじゃないですよ。苔に悩んでいたのですが苔が少なくなると今度は貝のことが心配で苔よ生えてくれと思ったり・・(本末転倒(汗))。)。・水草水槽:オトシンクルス○、ミナミヌマエビ○・コリ水槽:オトシンネグロ×、ハステータス×、ハブロスス×通常の餌は、いずれも「ffnum06」です。45cm水槽でメダカを飼育中。